Site Contents  News


Black Music Album Best 50
2023
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998

CD Review
2024
2023
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998

Reggae & Jazz

Live Shot

Hip-Hop Magazine Review

planet.KY home




  Grammy Nominees / Winners  (only Black Music)
2024 The 66th  2023 The 65th  2022 The 64th  2021 The 63rd  2000 The 62nd  2019 The 61st  2018 The 60th  2017 The 59th  2016 The 58th  2015 The 57th  2014 The 56th  2013 The 55th  2012 The 54th  2011 The 53rd  2010 The 52nd  2009 The 51st  2008 The 50th  2007 The 49th  2006 The 48th  2005 The 47th  2004 The 46th  2003 The 45th  2002 The 44th  2001 The 43rd  2000 The 42nd
 Latest CD Reviews
 
Justin Timberlae / Everything I Thought It Was
[JustinTimerlake / Everything I Thoght It Was] Justin Timberlakeのなんと6年ぶりの6作目。その不在感を埋めてくれる77分強18曲の大作となっている。前作同様、お馴染みTimbalandを筆頭にした制作陣によるTrackは、Up〰Medium〰Slowがバランスよく配されており、Popかつダンサブルでノリの良い曲が多い。手堅いアレンジにひとひねり加えたTrackや先鋭的な曲もあって、聴きどころも多数。また、途中、NigeriaのFireboy DMLを迎えた⑦などはアフロビートを取り入れている。40代となり若干の落ち着きは感じさせるものの、Lyricのほうは前作よりやんちゃな印象を受ける。

Shaé Universe / Love's Letter
[Shaé Universe / Love's Letter] Nigeria出身、UKで活動するSinger, Song Writer、Shaé Universeの2ndアルバム。R'n Drillを標榜していた前作までとは違い、ゆったりとした空気の流れるNeo-Soul作品になっている。出自であるアフリカンな要素はあまりなく、サウンドは比較的都会的で、UKよりはUS Soul寄りな印象を受ける。スロー中心でオーソドックスな、夜が似合いそうなTrackが多く、ギターなど楽器中心の編成となっている。唄は、抑制のきいた落ち着いた唄い方であり、声はアーシーで、やや中世的なところもあったりする。アルバムジャケットの写真はLauryn Hill似な気がするが、唄い方に多少の影響を感じることができる。

Kali Uchis / Orquídeas
[Kali Uchis / Orquídeas] Kali Uchisの1年ぶり4作目。デビュー以来今まで、英語作品とスペイン語作品を交互にリリースしてきていて、当作はスペイン語であり、中南米のマーケットへの目配せもぬかりない。当然ながら、ゲストの起用も含めて、ラテン色が強く、それもレゲトン、ダンスホールなど、幅広い範囲に及んでいるが、意外とベースにあるのはR&B、ハウスであり、これらがうまく溶け込んでいる。Popで気持ちの良いTrackが多く、Kali Uchisの時には巻き舌も披露する可憐なVocalにマッチしている。昭和ラテン歌謡みたいな⑥がかえって、異色な存在になっている。

Kamaiyah / Another Summer Night
[Kamaiyah / Another Summer Night] 2023年末にリリースされた KamiyahのMix Tape。30歳を越え、ベイエリアを代表するRapperに成長している。低音で落ち着いたRapは相変わらず中性的で、唄うようなものが多くなっている。ゆるめなTrackが多めで、WestSideらしいGファンクっぽいものや地元のハイフィー曲で占められており、ソウルフルな曲が続いている。Guestは少なめだが、⑩⑯ではLAのRapper, 03 Greedoと相性の良さを示している。

Earl Sweatshirt & The Alchemist / Voir Dire
[Earl Sweatshirt & The Alchemist / Voir Dire] Earl SweatshirtがProducerのThe Alchemistと組んだコラボ作。前作の2曲でのProduceにて相性が良かったのか、今作では全曲制作を担当している。ソウルフルなTrackのうえで、気怠く、老練な感じのフローをEarlが展開しており、過去作品のような暗さは薄れていて、落ち着いた印象を受ける。ただ、Lyricは内省的で、過去を振り返ったものが多くなっている。Guestは少な目で、盟友Vince Staplesが2曲で参加している。

Lil Yachty / Something Ether
[Lil Yachty / Something Ether] 昨2023年にリリースした"Let's Start Here"が大好評だったLil Yachtyの最新EP。その前作からの方向性が気にしつつ聴いてみた。何故かSpotifyで聴けない①がノイズや電子音まみれのエクスペリメンタルな問題作になっており、②は前作の継続、③以降はHip-Hopに分類できそうな曲と、定まったものは感じられなかったので、次回作への繋ぎと割り切って聴くのが良さそうだ。

Raye / My 21st Century Blues
[Raye / My 21sr Century Blues] 南ロンドン出身でUK, Swiss, Gahnaをルーツに持つのSinger, Song Writer, Rayeがインディへ移籍後、⑤のTik-Tokでのバイラルヒットを経て、2023年春にリリースした2nd Album。2024のBrit Awardを総なめし、時の人になっている。タイトルにあるように、実質的1曲目の②では、Bluesっぽさを打ち出しているが、その後はダンスを基調に、エレクトロ, Pop, R&B, ハウスに実質的エンド曲での⑮ではGospelまで披露と、曲調は幅広く、これ自体で十分に楽しめる。これだけでなく、メジャーレーベルに属し、8年近くを過ごした音楽業界への不満や怒り、性的虐待、性的暴行、身体醜形障害、依存症、男尊女卑、さらには気候変動まで盛り込んだLyricも相俟って、大いなる注目を集めている。メジャーを離れ、伝えたいことを伝え切った解放感や逆境を経験した人の強さが感じられるアルバムである。

Little Simz / Drop 7
[Little Simz / Drop 7] 2014年から続くEPシリーズ"Drop"の7作目。Infloプロデュースのアルバムのほうは、オーガニックな方向性で、どれも高評価であるが、今回のDrop 7は、Jakwobの制作となっている。Little Simzらしさは残しつつも、だいぶエレクトロニックな、UK Garage, Dub Step作品になっているところに意外性がある。1曲目から、アフロビートも取り入れているところも、特徴と言えそうだ。また、曲も2分前後で、全体で15分弱であり、あっという間に聴き終えてしまうが、中身は濃いと思う。

Metro Boomin / Heroes and Villans
[Metro Boomin / Heroes and Villans] 若くして、Trapシーンを代表するProducerにまで上り詰め、Hip-Hop全体でもトップグループに位置するMetro Boominの2022年末リリースのリーダーアルバムとしては2作目。当作でもProducer業の専念している。代わりにFuture, Travis Scott, A$ap Rocky, Don Triver, 21 Savageなど身近なArtistが入れ替わり立ち替わりで、Rapや唄を披露している。全体的には、スローで物悲しい感じのTrap曲が多くなっているが、1曲目では、John LegendがChorusとともにソウルフルな唄を聞かしてくれている。⑭もはいりがYeっぽくて面白い。

¥$ / Vultures 1
[\$ / Vulture 1] Kanye WestとTy Dolla $ignによるユニット、\$による1st album。予定では3部作になるそう。Kanyeの改名後のアーティスト名Yeから\をとり、Ty Dolla $ignより$をとって、こんなユニット名になったようだ。とはいえ、Kanye色がかなり強く、Tyの影は薄目。いつもの荘厳な雰囲気の曲からスタートはするが、その後は最近作のような神、宗教をテーマにした曲は無く、以前のKanyeに戻ったようで、個人的には好感が持てる。多くのProducerを呼び寄せ、Boom Bap、Drill、Funk, Popな曲にメロディアスな曲など、現代Hip-Hopを総括するような感じになっている。変わったところでは、GuestとしてKanyeの娘のNorthが④でRapを聞かせ、⑥ではボクサーのMike Tysonがモノローグをいれている。また⑬ではChris Brownも参加しているが、誰だか判らないくらいエフェクトをかけられている。

Tirzah / Trip9love...???
[Tirzah / Trip9love...???] Londonの北東に位置するEssex出身のシンガー, Tirzahの2年ぶりとなる3rdアルバム。2010年代前半から、音楽活動を始めた人で、前作に続き、当作でも高い評価を得ている。音楽専門学校からの相棒、Mica LeviのProduce、演奏によるTrackはスロー中心でダウナーでダーク。Pianoのループを基調としており、これTirzahの気怠く、抑え気味のVocalが相俟って、アブストラクトでエクスペリメンタルな印象も受ける。リヴァーヴのかかったGuiterが特徴的な曲も含めて、Totalでの一編の作品のような感じになっている。

 
 
Upcoming
 
  Email: info@planetKY.com
Copyright © 1998-2024 planet.KY. All rights reserved.